2012年02月23日

チョコのスコーン

日曜日に子供とチョコレートの入ったスコーンを焼きました。

日曜日の2・3日前に夜布団の中で息子が
「ママ、あれ食べたいなー。チョコレートが入ったパンみたいの。前に作ったよね。分かる?」
と聞くので「スコーンのことかな。朝、写真みてみようか。」
とレシピの写真を見せると「そうそう、これだよ。」「日曜日一緒に作ろうか。」となったのです。

二人で一緒に小麦粉やバターを計ったり、板チョコをビニール袋にいれたのを息子がザクザク砕いたり。
やっぱり一番楽しいのがこねる作業。
「20回ね。」と二人で数えながらこねました。

そして型を抜いて、刷毛で牛乳を塗ってオーブンへ。

スコーンは焼き立てがすごく美味しいので、それを味わってほしくて、オーブンとにらめっこです。
「ママ、オーブン終わったよ。」の掛け声とともにオーブンを開けると、よく膨らんだスコーンが。

2012-02-09チョコのスコーン−3.JPG

「おおー、膨らんでる!」と感激の息子。

早速アツアツをほおばりました。

2012-02-09チョコのスコーン−@.JPG

パパにも「二人で作ったよ。」の写メ付きの報告メールです。




いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


posted by aorui at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

郵送の勉強会参加者募集♪

郵送の勉強会参加者募集♪

メールでよくお問い合わせを頂く郵送の勉強会。
少し時間に余裕も出てきたので、募集のお知らせです。

私は主にバスティンの教則本を使っているのですが、バスティンの教則本を使い
こなす勉強会ではありません。


■変わった楽譜の勉強会■

導入期の楽譜について詳しくひも解く内容です。
いったい自分はどんな段階で教えているのか。
生徒にとって無理のない楽譜とは。
最初にお薦めしているのがこの内容の勉強会。
資料はコチラです。

勉強会費用は2580円です。

変わった楽譜の勉強会の後の勉強会もあります。
そちらは参加された先生と相談しながら決めていきたいと思います。

郵送の勉強会はメールのやりとりです。
資料を読んで感想を教えて頂き、私の質問に答えていきます。(質問3〜4)
譜例を見ながら質問に答えながら気がつく事、普段のレッスンにあてはめて改め
て考えてみたこと。新たな疑問・・・そんな事をメールで参加された先生とじっ
くりやりとりする勉強会です。



現在参加されている先生はベテランの先生も多いです。
バスティンではなくまったく違う教則本を使っている先生もいらっしゃいます。
いまさら導入期の事を他の先生に聞けないベテランの先生大歓迎です。

募集人数は3名です。
申し込みお待ちしています。


申し込みはaorui0707@yahoo.co.jpまで。

現在郵送の勉強会を進行中の先生方、これからも充実したメールのやりとりしま
しょうね。

郵送の勉強会の問い合わせありがとうございました。
定員になりました。
現在は募集していません。
また時間に余裕が出来ましたら募集したいと思います。
よろしくお願いします。


本日申し込みをされた方には資料を送りました。
到着まで今しばらくお待ち下さいね。
充実した勉強会にしていきましょう。
先生方、よろしくお願いいたします。





勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。



■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。



いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村


posted by aorui at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強会のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

プリントを使ってみた感想。

前回のブログで新しいプリントを制作した報告をしました。
今日は実際に使ってみた感想です。


シーソープリント@Aが終わった生徒と、早速シーソープリントBをやってみる
事に。

2012-02-07シーソープリントBC.JPG

鉛筆を持って張り切って初めてはみたももの考え込んでしまって進みません。
「ソの1つ上のだから・・・」
「う〜ん、ソの上だから・・・ラだ。」
「そうだね。そして、ソ1つ下だから・・・」
「ファ」
こんなやりとりでようやく書き始めました。

そんな生徒の様子をみて「う〜ん、このプリントなんかちょっとへん。」そう思
うのです。なんだかしっくりこない。

そうなのです。シーソーを鍵盤に当てはめて考えてみると逆なのです。
最初のピンクのシーソーはラソファとなります。
でも鍵盤はそうには並んでいません。

プレリーディングの生徒にとって鍵盤の並びはとっても重要。
紙鍵盤にシールを貼ったり、布鍵盤を広げたり、新しいポジションの導入をした
り・・・その教え方は鍵盤と密接につながっているのです。

なのでしっくりこないプリントになってしまいました。

注文された先生もその問題点は既にご存じでした。
五線譜はそのような場合があると。


シーソープリントBCはプリントとしては立派に成り立っています。
あれからも「どうしてしっくりこないのだろう。」と思う出すたび考えました。
そして考えがまとまりました。
五線の楽譜を使っている生徒が使うなら問題はない。
でもプレリーディングの楽譜を使う生徒は、鍵盤の並びと関連させて指導してい
るのだから混乱してしまう。
問題は使う時期。
プレリーディングの生徒には使わないようにしようと。

そして思い出しました。
そういえば、昔使っていたワークにこういうのあったな。その時もしっくりこな
くてそのページ飛ばしてたんだって。それでだんだん使わなくなっちゃったんだ
よな。あのワークって。

久々のプリント作りで試行錯誤でした。


いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


2012年02月15日

楽譜の前の練習絵本

楽譜の前の練習絵本を6冊制作しました。

CIMG8603.JPG

1冊は自分のお子さんと使われる元ピアノ講師の方。(発送済みです。)
もう1冊はとよすの勉強会に参加下さっている新人の先生です。

在庫4冊あります。
レッスンで使ってみたい先生、今ならすぐ発送出来ますよ。

練習絵本の詳しい使い方はコチラ



いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


posted by aorui at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 手作りの小物 注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

プリント制作

豊洲の勉強会に参加して下さっている先生がシーソープリントを注文して下さいました。
そして「下行形のシーソーもあるといいですね。」とのこと。
「本当だ、なるほど。」と思い早速制作。

2012-02-07シーソープリント@A.JPG

@Aが上行形のシーソー

2012-02-07シーソープリントBC.JPG

BCが下行形のシーソーです。
新しいプリントがフエルトそれだけでレッスンが待ち遠しくなります。


2012-02-02リズムフエルト.JPG

こちらは同じ先生からご注文のリズムフエルトです。

2012-01-30リズムフエルト.JPG

こちらは音名フエルトと一緒にご注文された先生のリズムフエルト。
可愛く包装出来たので載せてみました。

先生方楽しくレッスンで使われていますか。


いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


2012年02月08日

チョコとオレンジピールの入ったパウンドケーキ

日曜日にパウンドケーキを焼きました。

2012-01-07チョコとオレンジピールのパウンドケーキ-1.JPG

パウンドケーキを家族のためだけに作るのは久々です。

豊洲の勉強会に持って行ったのと同じ、チョコとオレンジピールの入ったパウンドケーキです。
チョコとオレンジの組み合わせは大好き。

バレンタインのチョコレートもいつも仲良くしているお茶のみ友達と一緒にお取り寄せ。
もちろん自分用にオレンジピールにチョコがかかっているものを注文済み。
14日が楽しみです。

今回のパウンドケーキは焼きあがりに、グランマルニエ入りのシロップを刷毛でたっぷりしみ込ませて
みました。
冷めたら一切れずつ袋に入れておきます。
こうしておくと、しっとりとしたとても美味しいパウンドケーキになるのです。

2012-01-07チョコとオレンジピールのパウンドケーキ-2.JPG

キッチンに置いておくと、みんなが食べたい時に食べるので、すぐになくなってしまいます。
残りはあと3つ。
全部私が食べるつもりです。



いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


posted by aorui at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

リズムの指導法

導入期のリズムの指導法みなさんどのようににやっていますか。

私はそんなに熱心に躍起になって取り組んではいない方。
ゆるい感じの教え方かもしれません。

なぜかというと、教則本の曲のリズムがそんなに難しくないからです。
私が使っている導入期の教則本1冊目から7冊目まで、四分音符と八分音符、
2分音符、付点2分音符、全音符のリズム。
そして、重要なのが、リズムカードほど複雑なリズムの並びではないという事。

メロディー(1つのスラーの中)はほとんど四分音符と八分音符で、最後に2分
音符などの長いリズムで締めくくられます。
そう思ってからは、正しいリズムで叩けるようになるまでリズムカードをやらな
くちゃ。という考えからは解放されたように感じます。


それでも最初はリズムカードから。
私は2種類のリズムカードを使っています。
「これはしーぶんね。しーぶんって言いながら叩くよ。しーぶん。」
と音符を紹介して叩き方を説明するやさしいリズムカード。

やさしいリズムカード-1-640.JPG やさしいリズムカード-2-640.JPG

「リズムが叩けるようになってきたから、もっと長いカード叩いてみようか。」
とリズムがいくつも書いてある発展したリズムカードです。

リズムカード-1-640.JPG リズムカード-2-640.JPG


どちらのカードもテンポ良く、拍に合わせて、そういった目的ではなく、
リズムを一人で目で追う事が出来ているか。また一人でも叩けるかチャレンジし
、その様子を見守ったり・・・そういう事を大切にしています。

そして実際の曲で、リズムを守りながら弾く際には、正しく叩けるようになって
から曲を弾くというよりは、リズムを一緒に読んでから弾くという取り組み方で
す。「しーぶん、しーぶん、に−ぶーおんぷ・・・」「今度は読みながら指も動
かしていこうね。」このような声かけ。
そしてシールを使って何度も練習です。
そして、レッスンの中で一番大切にしているのが、「一人でも出来そう。先生、
黙って聞いているから一人でリズムを言いながらひいてごらん。」この声かけ。
または、リズムを声に出すのが苦手な生徒には「先生黙って聞いているから、頭
の中でリズムを言いながら弾いてごらん」です。
この作業がとっても大切。
そして「一人で正しいリズムで弾けているね。」の声かけです。

この「一人で弾けそう。先生聴いているから・・・」の作業を1冊目の教則本か
ら7、8冊目の教則本まで、ずっと繰り返しています。
「しーぶん、しーぶん、にーぶーおんぷ」の生徒も、しーぶんから1拍へ切り替
わって、拍子を数えながら弾いている生徒もです。

「いつになったら最初から一人で正しいリズムで弾けるのだろう。」
そういう風にはあまり考えたことがありません。

この方法が私にも生徒にも無理がなくていいなって思っています。


いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


2012年02月02日

勉強会

先週とよすでの勉強会がありました。
「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」の
3回目です。

3回目の内容は私にとって導入期の指導法の一番の山場。

先生たちにそれを伝えたくて、熱心に話しすぎてしまいました。
でもその内容は普段先生たちがそこまで気が付かない事だと思うのです。
だからついつい熱が入ってしまいました。

導入期の楽譜のどこに目を向けて指導するのか。

今回の内容で、それがよりシンプルになるといいなって思います。

次回は布大譜表を広げたり、紙大譜表にシールを貼ったり・・・たくさんカードやプリントも紹介します。
楽しみにしていて下さいね。

今回のお菓子はチョコとオレンジピールのパウンドケーキ。
お茶の時間がなくなってしまってお土産となってしまいました。

2012-01-26チョコとオレンジピールのパウンドケーキ.JPG

しっとりとチョコとオレンジの味が一緒になって美味しいパウンドケーキです。



いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■

1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。

2回目の内容はコチラコチラです。

興味のある先生のご参加お待ちしています。


posted by aorui at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする