2012年11月06日

「3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会」

10月の終わりに3回目の「3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会」
がありました。

参加して下さった先生方ありがとうございました。

今回で最後の勉強会。
私が使っている教則本は最初に3つの黒い鍵盤をグーで弾く曲から。
「3・4歳の勉強会」では3つの黒い鍵盤が分からない生徒の目線にたって、
どのように段階を追って教則本に入っていけばいいのかを丁寧に説明しています。

手作りのカードを使って。手作りの楽譜を使って。

3回目はその手作りの楽譜の紹介です。
手作りの楽譜も少しずつ発展させています。
大切なのは3・4歳の生徒さんが「ちょっと頑張ればできそう!」って思える事
を用意すること。
最初のカードから「ちょっと頑張れば出来そう!」ってことを手作りの楽譜まで
つなげていきます。

先生方も手作りの楽譜はとっても興味を示して下さり、早速レッスンで使ってみ
たいご様子。なかには「自分で作ってみます。」って先生も。頼もしいです。

そして前回のブログで触れたリンゴのフエルト。

リンゴ色分け前.JPG

みなさん手にとって「とっても可愛い。」と気にいってくれました。
3・4歳の生徒さんと何が出来るかな。
そう考えて作ったフエルトです。
和音の聴き取りに使うのですが、3・4歳生徒さんは「さあ、和音の聴き取りを
しましょう。ドミソは赤のリンゴね、ドファラは・・・」なんて説明してもなん
のことだか分りません。
そこまでの楽しい道のりを勉強会では説明しています。

3・4歳の生徒さんとだから出来るそこまでの楽しい道のりなのです。
その道のりを先生方に生徒役になってもらい実践。
いつも生徒がやってくれるおっちょこちょいの所を先生もそうなってしまったりしてみんなで大笑い。
そういうのが実際のレッスンですごく役に立つのですよね。
3歳の生徒さんがいる先生方はこれなら出来そうといった感じ。
興味のある方はよかったら「3・4歳の勉強会」ご参加下さい。


今回の勉強会では実際に3歳さんを教えている先生方もいて、勉強会の内容で教
えてみたら出来ました。早速カードを使ってみました。の嬉しい報告や、
出来る時もあるけれど、出来ない時も・・・と3歳さんの気分に振り回されてし
まうお話もありました。
まだまだ発達段階の3歳さん。

これからも参加して下さった先生方と新しい声かけや対処法など情報交換してい
けたらと思います。


「3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会」
新規の申し込み受け付けています。
興味のある先生は是非。
posted by aorui at 10:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする