2013年01月09日

「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」

「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」の4回目の勉強会が無事終わりました。
2人の子供と私とで次々にインフルエンザにかかってしまい日にちを急きょ変更させてもらっての4回目の勉強会。
先生たちにご迷惑をかけてしまいました。

今回の勉強会はベテランの先生には新しい風を。これから教え始める新人の先生には自信を。
そんな勉強会になったようです。

勉強会で一番惹きつけるのは私の生徒がピアノを弾く様子を撮った動画ではないでしょうか。
私の生徒も同じようにジャカジャカ弾かせてみたい。
どの先生もそう思って下さるよう。
とりわけ先生たちを納得させるのが、同じ洋服を着て2冊の教則本を弾く生徒。
そう、同じ日に撮ったのです。
6冊目の教則本と7冊目の教則本をジャカジャカ弾く姿はなかなかのもの。

もっと上を目指している先生には、音の響きや曲想など満足する域ではないのかもしれません。
「それは別の話ですよね。」参加された先生がそう言ってくれました。
その通り。まずは習いに来ている生徒みんなこの位は弾かせてみようよ。家で多少練習してこなくたって、先生の工夫した指導でこの位弾けるようなりますよ。そういうことを伝えたい動画なのです。
ここまで育てれば、いよいよ本来先生が教えたいと思っている音の響きや曲想、脱力など指導出来るのではないでしょうか。

まずはジャカジャカ弾ける生徒たちに育てるにはどうしたらいいのか。
私の指導法は本当にシンプル。
きっと「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」に参加された先生方は4回の勉強会を終えて、そう感じているはず。

参加して下さった先生方ありがとうございました。


「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」
新規の申し込みお待ちしています。
導入期の指導に悩んでいる先生は是非。
posted by aorui at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする