2013年05月16日

先生方、ありがとうございます。

「変わった楽譜」の郵送の勉強会はこれまでの指導の考え方とは違った角度から
楽譜を見る事が出来る勉強会。

「そういうことなのか。」と手ごたえを感じて下さった先生が続けて勉強会を希
望してくれるのが本当に嬉しい。

次の勉強会は「新しいポジションを弾くという事の勉強会・複数のポジションを
弾き続ける良さの勉強会」
こちらはもっと指導の奥深い内容。
例えば音名読みと音程読み。
どちらも当たり前の指導かもしれないけれど、音名を言いながら弾く事は大切?
音程読みをすると生徒の頭の中は・・・とじっくりやりとりしていくと、先生の
頭の中もジクソーパズルのピースが綺麗にはまっていくような感じでスッキリと
してくるよう。

そして「やるべきことが見えてきました。」「いかに講座に振り回されていたの
か分かりました。」「教則本に振り回されていました。」と感想を頂きます。

実はこのような感想の先生はとっても多いです。

最近はブログを見て下さっている方はびっくりするほど多く、山に囲まれたピア
ノ教室のレッスンの様子のブログをこんなにたくさんの方がみて下さっているな
んてと本当に感謝なのです。
そして全国の先生から私にとっては結構ひんぱんにメールを頂くようになりまし
た。

ひとりひとりの先生と丁寧なやりとりを心がけています。

そして先生方に伝えたいのは、以外にたくさんの先生がブログのようなレッスン
をしたいと思って下さっていること。
出来る生徒ばかりが先に進んでいくレッスンではなくて、進みがゆっくりな生徒
とも楽しいレッスンをしたいと思っている先生が多いということ。

そういう先生が多いってことを知るだけで、先生たちの気持ちが楽になるのかな
って少し前から思うようになりました。


悩みの検索ワードも多く(導入期の指導法・譜読みが出来ない生徒・4歳のレッ
スンの方法などなど)たくさんの先生が試行錯誤されているのが伝わってきます。


そんな先生たちに、私だけではないんだ、等身大のレッスンに興味がある先生が
たくさんいるんだってことを知ってほしくて右横に訪問者数とアクセス数を載せ
てみることにしました。

このブログは、こういうレッスンに共感もって下さる先生がいるのかなって始め
たブログなので、私の身近な人はほとんど知りません。
なので訪問して下さるのはピアノの指導をしている方(時々お菓子作りのかた)
なのかなって思います。

これまで振り回されていた先生の気持ちが楽になればいいなって思います。
そしていつもたくさんの方に訪問して頂き感謝の気持ちでいっぱいです。