2014年04月30日

資料が出来ました。

「変わった楽譜の勉強会」の追加の資料が完成しました。

連弾・リズム資料.JPG

●導入期の曲を正しいリズムで弾かせる指導の方法@〜C
●はじめての連弾の指導@〜C です。

これまで「変わった楽譜の勉強会」のメールのやりとりの中で「曲を弾く際にリズム練習を先にしますか。それとも正しい音で弾くことを先にしますか。」という質問をしています。
どちらが先かが体験できる資料は入っているのですが、そのやりとりの中でもっと丁寧に導入期のリズムの指導について紹介したいなって思っていました。

連弾も導入期のレッスンではとっても重要な作業と考えています。
それを「こんな風に導入すれば簡単にレッスンに入れることが出来るんだ。」そう思ってほしくて資料を作りました。
どちらの資料も譜例や声掛けの吹き出しをつけて分かりやすくしています。
すぐに実践できると思います。


豊洲の勉強会では資料をもとに実践で紹介していきます。
「変わった楽譜」の郵送の勉強会はコチラで詳しく紹介しています。
参加された先生方のコメントも参考にして下さい。

今までに「変わった楽譜」の郵送の勉強会に参加された方でこちらの資料を希望の方はご連絡下さいね。追加の資料代金は500円になります。

豊洲の勉強会、郵送の勉強会で導入期の指導の悩みや疑問に丁寧に答えています。
悩みや疑問のある先生の申し込みお待ちしています。





★豊洲の勉強会・郵送の勉強会・小物の注文再開しています。

郵送の勉強会
豊洲までは行くことができないけど・・・という勉強会に興味を持って下さる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで先生方の悩みに丁寧に答えています。
導入期の悩みや疑問を解決して充実したレッスン楽しいレッスンをしたい先生は是非。
いまさら人に聞けない素朴な悩みにもしっかり答えていきますよ。
お申込み受け付けています。
詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)


豊洲で行っている勉強会
「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」
申し込み受け付けています。
導入期の指導法に悩まれている先生は是非!

詳細はコチラです。

郵送の勉強会も豊洲の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

大譜表のフラッシュカード制作中

よく注文が来る大譜表のフラッシュカード。
つい先日豊洲の勉強会に参加されていたYさんから「4セットお願いします。」と注文を受けて制作したばかりです。
私の分も一緒に制作してレッスンで使っています。
「今日はヘ音記号を増やすよ。ファまで作ってあるからミ・レ・ドのカードを作ろうね。」この声掛けで
「えっと、ファはここだから・・・先生、ミはここだよね。」とシールを貼る生徒もいれば「ドシラソファミ」と指で音を確かめてからシールを貼る生徒様々です。
どの生徒も自分でシールを貼ってカードを完成させていくのが楽しそうです。
私のレッスンでは大譜表のフラッシュカードを使い始めるのはだいたい2・3年生の生徒たちです。

今回は郵送の勉強会でメールのやりとりをしているTさんとHさんから。

2014フラッシュカード.JPG
現在制作していますよ。

豊洲の勉強会、郵送の勉強会で導入期の指導の悩みや疑問に丁寧に答えています。
悩みや疑問のある先生の申し込みお待ちしています。


★豊洲の勉強会・郵送の勉強会・小物の注文再開しています。

郵送の勉強会
豊洲までは行くことができないけど・・・という勉強会に興味を持って下さる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで先生方の悩みに丁寧に答えています。
導入期の悩みや疑問を解決して充実したレッスン楽しいレッスンをしたい先生は是非。
いまさら人に聞けない素朴な悩みにもしっかり答えていきますよ。
お申込み受け付けています。
詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)


豊洲で行っている勉強会
「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」
申し込み受け付けています。
導入期の指導法に悩まれている先生は是非!


詳細はコチラです。

郵送の勉強会も豊洲の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りの小物 注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

2014 発表会 小学生

発表会のことを振り返ようとすると、あんなこともあったこんなことも・・・と
当日の発表会ではなく練習の時の事を思い出してしまいます。

3年生以下の生徒たちの曲選びはほとんど今弾いている教則本の中から。
私の教室ではみんな同じ教則本を使っているので「○○ちゃんはあの曲を弾くん
だ」とみんなが分かります。
小さい生徒どうしも分かるし大きい生徒も「なつかしいー」と耳を傾けてくれます。

2年生のハンドベルの合同練習の時の事。
ハンドベルの練習が終わってソロの曲も一人ずつ弾くことに。
その時に年中さんの妹も来ていて「おやゆびのうた」という1冊目の教則本の曲
を弾くとその2年生の4・5人の生徒がリズムに合わせ首をふりながら「大丈夫
弾けてる。」という真剣な顔つきで見守っているのです。
その様子に嬉しくて思わずお母さんたちと笑ってしまいました。
いつもは「大丈夫、弾けてるよ。」と見守られる立場なのに、自分よりも小さい
生徒がいると見守る立場になるんだな。って思った場面でした。
こういう体験もさせてあげるといいんだなって。


高学年の生徒たちはやっぱり学校の伴奏で忙しく、ちょうど卒業式や3年生を送
る会の伴奏の練習があったり、最後の授業参観でみんなでリコーダーを吹くから
その伴奏に受かりたいって生徒がいたり・・・
全員が伴奏に受かったわけではないけれど、受かりたいための練習が2月中旬ま
でありました。伴奏の練習がひと段落してやっと発表会の曲へと気持ちが切り替
わる生徒たち。もちろんレッスンだけで仕上がらない生徒も。そんな生徒とはレ
ッスン以外にもレッスンです。
私にとっては大変なのですが、生徒たちにこれだけ頑張ればこれだけ弾けるよう
になるってことを体験し実感してほしいって思うのです。
レッスンでの私の完成させるというその気持ちが伝わるのか、家でもよく練習し
ているようで、レッスンの度に嬉しい気持ちになりました。
本番まで私も生徒もたとえレッスン以外のレッスンになってしまっても、やれる
だけの事はしっかりやって完成させて本番で弾かせたいって思います。

そんな忙しい高学年の生徒たちもレッスンの前後で一緒になる小さい生徒との連
弾があります。
小さい生徒の連弾の曲もやっぱり教則本の中から。
「今日から連弾の曲練習するよ。」
「うん。ちょっと弾いてみる。」そう言って譜読みをして練習しだす生徒。
サラサラっと弾いて「大丈夫弾ける。」とその場で弾けてしまうのにはびっくり
お姉さんになったなー。って本当に感心です。
次のレッスンの小さい生徒と早速連弾の練習が出来ました。

今回はこのような生徒がちらほらいました。
わずかな時間でサラッと譜読みをして「弾けるよ。」って生徒。
レッスンで見る時間がないから「家で練習しておくよ。」と一人で練習してきて
しまう生徒。その様子にとっても成長を感じました。
本当に頼りになる5.6年生たちです。


発表会が終わりそれぞれが弾いたソロの曲に影響された生徒たち。
「○○ちゃんの曲が弾きたい。」と思いはそれぞれにあるよう。
なのでレッスンノートにこれから弾いていく曲を5・6曲書いて「この曲が終わ
ったらアラベスクね。」と説明するとどの生徒もひとまず納得。
弾きたい曲はアラベスクの生徒ばかりではないけれど、アラベスクはどの生徒も
弾きたい曲。そして自分が弾きたい曲はその先にあるんだ。と納得してくれるの
です。


★豊洲の勉強会・郵送の勉強会・小物の注文再開しています。

郵送の勉強会
豊洲までは行くことができないけど・・・という勉強会に興味を持って下さる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで先生方の悩みに丁寧に答えています。
導入期の悩みや疑問を解決して充実したレッスン楽しいレッスンをしたい先生は是非。
いまさら人に聞けない素朴な悩みにもしっかり答えていきますよ。
お申込み受け付けています。
詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)


豊洲で行っている勉強会
「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」
申し込み受け付けています。
導入期の指導法に悩まれている先生は是非!

詳細はコチラです。

郵送の勉強会も豊洲の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。
posted by aorui at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

2014 発表会 中学生編

3月末に発表会がありました。
無事に終わってホッとしています。
そして生徒たちはもう次の発表会に向けて気持ちが切り替わっています。
そんな子供たちの姿勢は私のホッとしていただけの気持ちに新鮮な気持ちを入れ
てくれています。

今年発表会に出た生徒は33名。
年少さんから中学3年生まで。
「先生、疲れたでしょう。」「大変だったでしょう。」
発表会後のすぐのレッスンでそう声を掛けてくれたお母さんが数名いました。

今回の発表会はこれまでとは違う気持ちで臨んだ発表会となりました。

中学生たちの曲をちゃんと完成させる。中途半端な気持ちで弾かせない。
そんな強い気持ちで臨んだ発表会となりました。
中学生は勉強や部活で忙しい。そんな風に思いやる気持ちは吹き飛んでしまう程
私の気持ちは強い気持ちでした。

中学生は8名。
3月末の発表会。2月の中旬に期末テストが終わってようやく発表会へと気持ち
が向いてきた生徒たち。それでも気持ちに緩みはあったよう。
そんな生徒たちに対して、絶対に完成させる。完成するまではとことん見るよ。
そんな姿勢を貫きました。
時には「完成させなければ、発表会には出さない。」そう私の強い気持ちを伝え
た生徒もいました。

中学生の生徒たちはというと
そんな私の姿勢を感じ取ったのかちゃんと練習してくるのです。
そして出来るようになるのが楽しいと感じているようなのです。
「こんなに弾けるようになった。」弾き終わったあとの充実した顔が気持ちを表
してくれます。

「車の中で待っているお母さんに完成したのを聴かせようよ。」
そういう私に「いい、だって家でずーーっと弾いてるから。」という生徒の言葉
に笑ってしまいました。

幼稚園の頃から小学校低学年の頃から習っている中学生たち。
私との付き合いも長く、その長い年月には何度も発表会があり、時には学校の伴
奏に選ばれたいと頑張ってレッスンしたり・・・どの生徒とも深いつながりがあ
ります。だから私の強い気持ちにもついてきてくれたのだと思います。


強い気持ちで臨んだもう一つの理由。
それは中学生が上手に弾けるようになっていたから。
発表会の曲を練習始めてみて、小学生たちとは違って本当に曲作りが上手いこと
にあらためて気が付きました。
1年生も上手いし3年生はもっと上手い。
だったら忙しいことを理由にお互いしていないで、しっかり成長させなくちゃい
けない。そう心から思いました。


当日の発表会。
中学生たちは本当に上手に弾いてくれました。
何より感激してくれたのは小学生のお母さんたち。
中学生のどの生徒もしっかり弾いてくれて発表会全体がとても引き締まったもの
になりました。

生徒もお母さんたちも新しい目標を描きながら4月のレッスンが始まっています。
充実したレッスンがスタートしています。


★豊洲の勉強会・郵送の勉強会・小物の注文再開しています。

郵送の勉強会
豊洲までは行くことができないけど・・・という勉強会に興味を持って下さる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで先生方の悩みに丁寧に答えています。
導入期の悩みや疑問を解決して充実したレッスン楽しいレッスンをしたい先生は是非。
いまさら人に聞けない素朴な悩みにもしっかり答えていきますよ。
お申込み受け付けています。
詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)


豊洲で行っている勉強会
「導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会」
申し込み受け付けています。
導入期の指導法に悩まれている先生は是非!

詳細はコチラです。

郵送の勉強会も豊洲の勉強会も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。
posted by aorui at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。