2015年10月29日

導入期の指導法講座 

豊洲音楽教室で●導入期のピアノレッスンすぐに役立つ指導法●の勉強会をします。
11月9日月曜日

開講決まりました。
参加の先生方、よろしくお願いします

講座に参加された先生の感想コメントはこちらです。

●講座の詳細です。

●導入期のピアノレッスンすぐに役立つ指導法講座●

@導入期の生徒が無理なく弾ける段階を追った楽譜の紹介
・何を手掛かりに弾いているのかよく分かるようになります。
・目的をもって生徒を観察出来るようになります。
・生徒と出来た!を確認し褒めることが増えてきます。

Aたくさん弾いた指を作るレッスンを紹介
・家での練習に左右されないたくさん弾いた指をつくる方法
・初めての連弾を好きにさせ連弾を導入期のレッスンの柱にする方法
・正しいリズムで曲を完成させる分かりやすい教え方

以上の内容を実践しながら丁寧に解説していきます。

講座の詳細
●1回完結講座です。
●講座費用 4000円 
●時  間 10:00〜12:00
●開講人数 4名様で開講です。(定員6名)
●場所 豊洲音楽教室
*開催日については開催決定後に申し込んで下さった先生方と調整し決定します。

申し込みはaorui0707@yahoo.co.jpまでお願いします。
申し込みの際に
●お名前
●ご住所
●連絡がとれる電話番号を教えて下さい。

講座後帰った後のレッスンから実践できる内容ばかりです。
導入期の指導に不安や疑問のある先生のご参加お待ちしています。
教えて間もない先生、ベテランの先生のご参加お待ちしています。
posted by aorui at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

音名を書き込んでジャカジャカ弾く生徒たち

私の教室では1冊目2冊目はプレリーディングの教則本を使っています。
3冊目から五線の教則本に入ります。

五線の教則本に入れば今度は五線の譜読みを読んで弾くことがスタートですが、五線の楽譜に音名を書き込んで弾いている生徒もいます。
支援学校に通う生徒たちです。支援学校に通っていても書き込まないでも弾ける生徒もいます。

プレリーディングの教則本の時にはあんなにジャカジャカ弾いていたのに、ジャカジャカたくさん弾くことによって大きないい音で気持ちよさそうに弾いていたのに、五線に入って五線の楽譜を読めるようにと頑張って指導はしてみたけど「先生、わからないよ。」と本人も大変そうで楽しいレッスンとは程遠くなってしまいました。
なので思い切って音名を書き込んでみることに。

私のレッスンでは2冊目の教則本に入ると五線の楽譜が少しでも読みやすくなるようにとカードやプリントを使って準備を始めます。
それは彼女たちも同じ。
机で向き合って「最初の音符は何の音かな。ドから順番に読んでいくよ。」
「ドレミ、ミだ!」
「そうだね。次の音はミのひとつ上の音だね。」
「ファ!」と生徒が書き込んでいきます。
時には「うーーん、わからない。」となってしまうことも。
そんな時は「教えるよ。」と音名を書き込んでいきます。

書き込んだらピアノへ。
自分で書いた音名を見ながらスラスラ弾く生徒たち。
そう。音名を書き込めばいとも簡単に弾いてしまうのです。
これは1冊目2冊目とつながりのあるレッスンをしているから。

生徒もお母さんも嬉しそう。
どんどん教則本も進んでいきます。
「今日は何曲書いておこうか。」「3曲にする!」と生徒も意欲的です。

生徒も私も毎週のレッスンが楽しみになってきました。
音名を書き込んであれだけ最初から弾けるのだから5冊目の教則本も6冊目の教則本も弾けるんだ。
そう思うと私がワクワクするのです。



教室での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

2015年10月14日

手作り色々

ブルーベーリーが出始めた初夏に作ったブルーベリーのコンフィチュールです。

IMG_0985.JPG

昨年も作って美味しく出来たので、ブルーベリーが直売所に並び始めるのを楽しみにしていました。
二瓶作ってまた作って、3回目を楽しみにしていたら8月下旬は雨ばかりで次に行った時にはブルーベリーがたくさんあった棚は栗に変わっていて残念。

でももう栗の時期と早速栗拾いもして少し茹でで家族で楽しんで残りはお正月用の保存栗にしました。

9月に入り豊洲の勉強会に合わせてブラウニーを。

IMG_1003.JPG

家族もたくさん食べられるようにいつもの2倍の分量で作りました。
ちょうど子供の運動会もあって妹家族も遊びにきたりと好評だったブラウニー。

ピザも手作りです。

IMG_1009.JPG

ガスオーブンは2枚一度に焼けてとっても便利です。
1枚はトマト味の定番のピザ、もう1枚は照り焼きチキンのピザです。

お料理も楽しくなってくる季節ですね。



教室での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。
posted by aorui at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

豊洲の勉強会

9月の終わりに約1年ぶりの豊洲での勉強会がありました。
申し込みをしてくださった先生は5名です。

子育てがひと段落されて再びピアノを教え始めた先生、もうベテランの先生、そして若くて少し指導に慣れてきた先生1名。
年齢層が若干高めの勉強会となりました。

少人数の勉強会です。
疑問に思えば質問が出来る。その質問に具体的に丁寧に答えることが出来る。
ほかの先生とも指導について話が出来き、アドバイスも聴ける。
そしてみんなで実践が出来るのもよいところ。
連弾の実践では弾き終わった先生から「たのしい」と一言。
そしてたくさん弾かせる方法を実践で紹介するとどの先生も納得の表情です。

私にとってもみなさんの「早速レッスンで実践したい。」の気持ちを肌で感じることが出来てやってよかった勉強会になりました。
もっともっと伝えたいことがたくさんある。そう感じた勉強会となりました。

郵送の勉強会と豊洲での実際にお会いしての勉強会、どちらにも良さがあることに改めて気づかされました。
豊洲での勉強会も引き続き行っていきたいと思います。

豊洲の勉強会の詳細はコチラです。

導入期の指導法をもっとよく知りたい先生のお申込みお待ちしています。



教室での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。
posted by aorui at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

伴奏の季節です。

秋は芸術の秋。
各学校でも合唱祭や校内音楽会、音楽集会などの行事があり、私の教室でも8名の生徒が伴奏の練習をしています。

1学期に「校歌の伴奏の練習してきてねって先生に言われたよ。」と4年生の生徒の伴奏の練習に始まり、夏休みに入り同じクラスの女の子が10月の音楽集会の伴奏持ってきて、同じ学校の6年生がビリーブの楽譜を。

中学3年生の生徒が大地讃頌の楽譜を。

そして2学期に入り息子と同じ学年の生徒の伴奏の練習が始まりました。
10月末の校内音楽会の伴奏です。
ビリーブの楽譜を持ってきた生徒が2名。クラッピングファンタジーの楽譜を持ってきた生徒が2名。
この4人は前の年も伴奏に挑戦した4人です。
1つ下の学年の生徒たちは今年は誰も伴奏に挑戦しなくて少しがっかりしていた私の所に当たり前のように4人が伴奏譜を持ってきてもう嬉しくて嬉しくて。
どちらの曲も9月末にオーディションをして弾ける子供がいなければ先生が伴奏を弾くとのこと。

みんな伴奏の練習に一生懸命取り組んでいます。
伴奏のレッスンになるとレッスン以外の日もレッスンということもあります。
どの生徒も3・4日おきにあるレッスンに向けてよく練習してきて本当に偉い。
でも今回6年生の生徒だけは「余計にはみないよ。レッスンだけで仕上げようね。」と話しました。これまでの伴奏の練習の経験から、手取り足取りではなく限られた回数で練習し仕上げることをさせようと思ったからです。そんな彼女も順調です。

同じ曲を練習してライバル同士の生徒にもそのお母さんにも「二人とも完成させてどっちを選んだらいいか先生に迷わせようね。」と話しました。
同時期に完成した二人。
お互いに弾きあい聴きあい本番に向けての練習もして良い雰囲気です。

受かった生徒も受からなかった生徒も良い経験となって成長してほしいと思います。

そしておまけに嬉しいことがありました。
中学入学を機に教室をやめた生徒2人から連絡がありました。
1人は秋の合唱祭の伴奏をすることになって練習しています。なんとかひとりで仕上げられそうです。という報告の電話。
もう1人からは秋の合唱祭の伴奏のレッスンをしてほしいとのこと。
久々の再会です。もう全部弾けるようにしてあったのにはびっくりです。
6年生の時と変わらないレッスン。先週まで通っていたような普段通りの彼女。
前後の生徒やお母さんたちとも「あれ!」と懐かしの再会です。
やめても家でピアノをたくさん弾いているそう。
私にとってもとても楽しい時間となりました。
「また来年も挑戦してレッスンしようね。」そう笑顔で約束しました。

やめてしまってもレッスンでの大切にしていた時間がつながっているように感じました。
いつまでも私の生徒でいてくれているんだな。と感じました。


郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。