2016年06月03日

完成しました。

制作していた小物が完成しました。

IMG_0141.JPG



鍵盤フラッシュカード、タイムカード、音名シール、穴埋め音名カード、強弱の神経衰弱カード、レッスンノートなど。
私のレッスンでは鍵盤のフラッシュカードとタイムカードと音名シールは1冊目の教則本を進めながら使うもの。穴埋め音名カードは2冊目の途中で使っているもの。強弱の神経衰弱カードは5冊目の教則本を進めながら使っているもの。
それぞれ使う時期は違うけれどどれも長く使い続けているものです。

5冊目から強弱の指導を始めています。
ピアノ、メゾフォルテ、フォルテ、クレッシェンドをちいさな丸少し大きな丸大きな丸と強弱を丸で示して分かりやすくイメージを膨らませやすいようにしています。
そして強弱をつけて弾いてみる。
強弱のイメージを膨らませて指で表現するのに一生懸命です。
5冊目ともなれば見開きの曲への強弱となりそれだけ集中力が必要になります。
「左ページの最後の段から右ページの3段目まで強弱付けて3回練習しよう。」
集中しすぎた生徒から「あー疲れた。」と思わず言葉が出ます。
本当にその通り。

集中しすぎたあとは強弱の神経衰弱でほっと楽しいひとときです。

5冊目にもなればそろそろ小物を使ったレッスンも終わりに近づいています。
強弱をつけて完成する力が付きピアノを弾いて40分あっという間に終わってしまうレッスンに自然となってきます。


●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りの小物 注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。