2016年06月09日

音名フエルト制作しています。

音名フエルトを制作しています。

IMG_0140.JPG

大きな布大譜表をお持ちの先生からのご注文です。
カタカナの音名で制作しています。

制作を始めるときに「ひらがな」「カタカナ」どちらの制作にするか聞いてからの制作です。

大きな音名フエルトは保育園や幼稚園、小学校1.2年生の生徒がキャッチするのにはちょうど良い大きさです。私がフエルトを投げて渡すととても嬉しそうにキャッチしてくれます。
私が「ナイスキャッチ!」と言うと生徒も「ナイスキャッチ出来た!」と嬉しそうに言います。
私が言わない時も「ナイスキャッチだった。」と嬉しそうに教えてくれます。
私の教室では布鍵盤の際には大きい音名フエルトを使って、布大譜表の時には3.4年生の生徒が使うことが多いので小さい音名フエルトを使っています。

フエルトや小物は繰り返し使っても生徒が飽きずに取り組めるのがいいところです。
次々に新しい事を取り入れるのではなく、繰り返すことが当たり前のレッスン。
私の生徒たちはそれが普段のレッスンと思っているようです。
そして繰り返すレッスンの中に新しいことを1つだけ入れる。

今和音の仕組みを勉強している生徒がいます。
そろそろ2冊目の教則本も終わる生徒です。
1冊目2冊目の合格した曲(20曲以上!)を連弾で弾いて今練習している曲へ。
合格すれば新しい曲の初見。
そして鍵盤のフラッシュカード、もう少しで五線の曲に入りますから五線の楽譜に入るためのカードやプリントを数か月前から繰り返し行っています。
新しくすることは小さな音名フエルトを使って和音を作っていくことです。
ドミソ・レファラ・ミソシ・・・と小さな音名フエルトを並べていきます。
この作業だけが新しい作業です。
もうピアノでドミソ・レファラ・ミソシ・・・と言いながら和音を弾くことはスラスラ出来ているので、きっとフエルトで和音を作ることも私は見守るだけで1人で出来そうです。

和音の仕組みは何年も前にブログで紹介したことがあります。
その指導をずっとずっと続けています。
そしてこの指導は教則本に書いてあるのではなく、私がこの時期にやったらいいかなと思って取り入れている指導です。

posted by aorui at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りの小物 注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438789905

この記事へのトラックバック