2014年02月03日

譜読みの速度もそれぞれ。


「音を読むことが大切なの。まずは読むよ。」

最近の口癖です。
初めの音を考え込んでいる生徒がいたら「一緒に読んでいくよ。」の声掛けです。

時には「ゆっくりでいいんだよ。」とゆっくり待っているからゆっくり読んでご
らんの声掛けです。

譜読みの速度は生徒それぞれ違います。
例えばCポジションの曲。
「ドレミファソ」ってササッと読める生徒もいれば、
「ド・レ・ミ・ファ・ソ」ってゆっくり読む生徒もいます。

もう何曲もCポジションの曲を弾いているの「ド・レ・ミ・ファ・ソ」って生徒
もいます。このゆっくりな譜読みに譜読みが苦手なのかなって心配になることも。
そんな時に音名の書いてある新しいポジションの曲を弾くことに。
音名が書いてあっても「音を読んでいくよ。」から。
すると音名が書いてあるのに「ファ・ソ・ラ・シ」ってゆっくりなのです。
そうなのです!彼女は譜読みが苦手でも遅いのでもなくて「ド・レ・ミ・ファ」
「ファ・ソ・ラ・シ」これが彼女のちょうど良い譜読みの速度なったのです。

音名が書いてある楽譜「ファ・ソ・ラ・シ」を聞いたときに「そうだったんだ。」
と本当に安心し嬉しくなりました。


譜読みが苦手な生徒さんに試しに音名が書いてある楽譜(先生が書き込んでみて
もいいですね。)も読ませて反応を見てみるのもいいですね。


五線の楽譜に入った生徒さん。
何冊目の五線の本で譜読みがスラスラになってほしいですか。
私のレッスンではみんな同じ教則本を使っています。
4冊目のCポジションの譜読みはたどたどしいけど、5冊目のCポジションでは
少し得意になっています。6冊目のCポジションではもっと得意になっています。
それが分かっているので4冊目のCポジションのたどたどしい譜読みも心温かく
見守ることが出来ます。

4冊目のCポジションの曲でいいなって思うのは曲が短いってこと。
たどたどしくても頑張れる短さです。
長い曲例えば16小節の曲を合格にするのは大変。でも4小節の曲を4曲合格す
る方が簡単で生徒も「やったー」と4回喜ぶことが出来ます。

譜読みはスラスラ出来るのだけどもっと大きないい音出してほしいなって生徒に
も4小節程度の曲はとってもいいなって思います。
しっかりした音出すよ。私が生徒の親指を持ってこんな感じのいい音ね。と音を
鳴らす事があります。
4小節くらいだと最後まで真似っこでいい音が出ます。
譜読みがスラスラ出来るから本当はもっと長くて音符もたくさんある曲がいいと
思うのだけど、いい音を出すことも大切。
お母さんにも「短い曲で大きないい音を出すことをやってます。」と報告すると
「家でもサラサラって弾いてしまうの。」と今はしっかりした音を出していく事
で思いが一緒になりました。


譜読みの速度も生徒それぞれ、温かく見守っていこうと思います。


posted by aorui at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

大譜表のフラッシュカードの良さ

譜読みが出来るようになってほしい。
そう願って大譜表のフラッシュカードを取り入れている先生は多いと思います。
フラッシュカードはスラスラ読めるのだけど、実際の楽譜となるとフラッシュカ
ードのようにスラスラ読めないって実感している先生も多いです。

五線フラッシュカード.JPG

私の生徒も同様で私もそう実感しているひとりです。
でも生徒はフラッシュカードが大好き。
フラッシュカードを私がフラッシュさせ、生徒はストップウオッチを握りながら
音名を言っていくのが大好きなのです。

最近の私の口癖が「音を読むことが大切なの。さあ読むよ。」と曲を弾く前に音
名をいう事を常にさせているのですが、その時の生徒とストップウオッチを握っ
ている生徒では明らかに楽しさ度が違うようです。

レッスンで譜読みをたくさんしているのにフラッシュカードの音を読むのは別物
のようなのです。
なので「また音を読むのやだな。」とはなりません。
むしろ「先生、最後はフラッシュカードだよね。」と楽しみにしている生徒が多いのです。


実際のレッスンで実感するのはフラッシュカードが速いタイムでスラスラ言えて
もそれに比例するように譜読みがスラスラ出来るようにはならないってこと。

でもフラッシュカードはレッスンでは大切なアイテムです。
先ほど書いたように弾く作業で四苦八苦しながら譜読みをした後でもフラッシュ
カードは「やりたい!」と取り組んでくれること。
また五線の導入としてフラッシュカードがとっても役立っています。
私が使っているフラッシュカードは私が作ったもので、生徒が自分で黒丸シール
を貼っていきます。
「最初はドのカードを作るよ。真ん中に線を書くね。」とドの場所に線を書き黒
丸シールを貼っていきます。
「次はレのカードを作るよ。レの場所に自分で貼ってごらん。」の声掛け。
この時に「先生、ここだよね。」とまったく違う所に貼ろうとする生徒もいます。
その時は五線の仕組みを教える時に貼った大譜表プリントのシール貼り(このプ
リントもお手製)をもう一度見せて生徒と確認です。
「先生、ここだよね。」「そうだね。」
このやりとりや自分で作る作業がとっても大切だなって実感する時です。

カードが増えてきてフラッシュするときも
「ト音記号とヘ音記号の音で分けてね。」
「分けたらト音記号をドから並べてごらん。」の声掛け。
生徒は考えながらドから順番に並べ始めます。
この作業もとっても大切。

そうなのです。分かっていそうで意外と分かっていないのです。
それを丁寧に先生と生徒が向き合って確認していくのにフラッシュカードは正に
最適なのです。


また新しいポジションの曲を弾くようになった時が新しいフラッシュカードを作
るきっかけとなります。
低いFポジションの曲ならヘ音記号の一番下のファの音からファソラシと増やす。
高いCポジションならト音記号の一番高いソの音からソファミレと増やすきっか
けとなります。
弾く際に新しい音を譜読みして今度は場所を確認しながら新しいカードを作って
いく。このようにもレッスンで使っています。


フラッシュカードがスラスラ読めても譜読みに結びつかなくて悩んでいる先生、
よかったらこのように取り入れてみてはいかがでしょうか。





posted by aorui at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする