2012年06月15日

頼もしい生徒たち。

現在「うたとピアノの絵本みぎて・ひだりて」を弾いている生徒が私の息子を含
めて3名。
その3名がとっても頼もしい。
初見の際に弾きながらよく気が付いてくれるのです。
「最初に読んでくよ。」
これは最初に音名を読んでいくよ。の声かけなのですが、
「うん。ぶーぶーぶたさん・・・」
もうこれはお約束。最初は必ず歌詞を読んでしまうのです。
最近は「だから・・・」とは言わないで歌詞を読むのを黙って聞いて、
「次は音を読んでね。」としています。
だって生徒たちは歌詞と絵に一番興味があるのですから。

そんな生徒たち
Nの音名を読みながら
「ドレミファ あ、初めてファの音が出てきた!」
Pの音名を読みながら
「ドミレドファーファー 先生、にーぶーおんぷが初めて出てきたよ。」
Rの曲を弾きながら
「ミファソファミレドってなんか知ってる。前弾いたよね。なんだっけ???」
こう初めて言われた時は私もなんだっけなーと生徒と二人で頭をグルグル回転さ
せて「何の曲だろう」って考えていたら生徒が「分かった!パパがおみやげにー
だ。」と嬉しそうに気が付きました。
パフォーマンスBの♪アイスクリームおいしいな。の
「かってきてくれた」(ミファソファミレド)と同じだったのです。それが分か
ってからは、生徒に「なんか知ってるー」って言われると「パパがーだよ。」と
二人で「ミレドードレミファソ ミファソファミレド」と歌っています。
生徒も同じメロディーって分かってニッコリです。

「みんな良く気がつくな」って本当に頼もしい。

これもパーティーBパフォーマンスBをレッスンの度に弾き続けている成果です。
私のレッスンではパーティー・パフォーマンスBを歌とピアノの絵本を進めなが
ら更にはパーティーCを進めながら、毎週レッスンの度に弾き続けています。
たくさん弾いた指を作りたい。新しいポジションにスムーズに入れるように。
こんな思いから弾き続けているのですが、生徒はただ楽しく先生と連弾をして指
を動かしているだけ。
それがうたとピアノの発見につながっているのですね。

2・3年生の生徒たち一歩一歩ちゃんと成長してます。
それが実感できるレッスンっていいなって思います。


いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
応援してくださる先生方ありがとうございます。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村


勉強会をこちらの内容で行っています。(詳しくはコチラ
@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会(4回講座)(*ベテランの先生の参加も大歓迎です。)

A3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会(4回講座)

興味のある先生のご参加お待ちしています。


■@導入期の指導法をもっと学びたい先生のための勉強会■
1回目の勉強会の内容はコチラコチラです。
2回目の内容はコチラコチラです。

*金曜日で希望されている先生がいます。

興味のある先生のご参加お待ちしています。

参加希望の方はaorui0707@yahoo.co.jpまで連絡下さい。
posted by aorui at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うたとピアノのえほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

うたとピアノの絵本・右手に和音を付けて弾く生徒

私のレッスンでは始めての五線の教則本で「うたとピアノの絵本・右手/左手」
を使っています。

生徒の1人がその「うたとピアノの絵本・右手」になんと左手の伴奏ドミソ・
ファソを付けて弾いているのです。
真面目にというよりは遊び弾きのような感じです。

びっくりしてしまいました。
「すごいじゃん!それで完成させようよ。」と早速和音を書く事に。
和音を書くと言っても小節の下の空いている所にマルをおだんごのように書くだ
け。ドミソだったら○を3つ縦に、ファソだったら○をずらして横に書くだけ。

すごく楽しそうに弾いていました。

こんな方法もあったんだなって改めて思いました。

私の生徒は「うたとピアノの絵本・右手/左手」は3冊目の教則本。
前の2冊はプレリーディングの楽譜です。
2冊目の教則本でドミソとファソの和音が出てくる曲を弾くので、生徒たちはも
うメロディーにドミソとファソの和音を付けて弾く事が出来るのです。

それを「うたとピアノの絵本・右手」でアレンジした訳です。


私は今まで、「うたとピアノの絵本・右手/左手」が初めての五線の教則本って
事もあって譜読みにつまづかないようにとそればっかり気にしていました。

でもどの生徒もメロディーに和音が付けられるようになっているのですから、
他の生徒ともやってみようかなって思います。次のレッスンが楽しみです。



「うたとピアノの絵本・右手/左手」は上記にも書いたように3冊目の教則本。
2冊目が終わる時に、私が作った手作りの五線の仕組みを理解させるプリントを
使って五線を読めるようにしていきます。
これまでプレリーディングの教則本でたくさん曲を弾いてきた生徒にとって、五
線を読むコツをつかめば「うたとピアノの絵本・右手/左手」は簡単なのです。
1・2ヶ月で終わってしまうことも。

逆にプレリーディングはあんなにスラスラ弾けていたのに「うたとピアノの絵本
・右手/左手」は譜読みが苦手で1・2曲づつゆっくり進む生徒もいます。
「10曲まとめて弾いてきちゃった!」って生徒もいれば「1・2曲が精一杯」
って生徒も。これは実際に「うたとピアノの絵本・右手/左手」に入ってみない
と分らない事なんです。

上記の遊び弾きで和音を付けていた生徒。どちらのタイプだと思いますか。
実は「1・2曲が精一杯」って生徒です。

私も譜読みが苦手なんだって事が分っているので曲は1・2曲で切り上げてしま
います。それがレッスン全体を四苦八苦な雰囲気にしないコツです。
曲は1・2曲で切り上げてカードやプリントで読譜力を付けていきます。
遊び弾きを始めたら「聴かせて。」としっかり聴いてあげます。
あともうちょっとで完成しそうな遊び弾きの曲は教えてあげて完成させてあげま
す。これがレッスンに来る事が嫌にならないコツかなって思います。

私の教室にも遊び弾きが好きな生徒が何人かいます。
ママいわく「家でもピアノを弾いているけど宿題の曲ではなくて好き勝手に弾い
ているだけなんですよ。」って生徒。そういう生徒たちが本当は一番ピアノを弾
く事が好きなんですよね。

遊び弾きが好きだからといって難しい曲は与えない、教則本は読譜力などを見て
実力のあったものにする。遊び弾きは遊び弾きとしてまずは聴いてあげて好きに
弾かせてあげる。レッスンの曲と遊び弾きの曲をしっかり分けるのがいいと思い
ます。

やがて教則本の曲をたくさん弾いて、読譜力も付いてくると教則本の曲も家で弾
くようになってきます。もちろん生徒を惹き付ける曲選びが大切ですが・・・

これって最近すごく実感していることなんです。
最近レッスンで弾いている曲が好きって生徒が増えてきました。
なぜ分るのかというとみんな次の曲まで弾いてくる!
「これも弾いてきちゃった」なんて嬉しそうに教えてくれます。

だからうたとピアノの絵本が1・2曲で精一杯って生徒も焦ってはいないんです
まずは40分のレッスンが楽しいって事が大切。
いずれは「これも弾いてきちゃった」ってきっとなると思うからです。


とよす音楽教室で勉強会をすることとなりました。

内容は

■毎日楽しい・毎週楽しいピアノレッスンを体験!■(コチラ

■これからピアノを教えようと思っている学生さん、
               教えて間もない先生の勉強会■(コチラ

■レッスンがマンネリ化、新しいことを取り入れて、
            楽しくレッスンしたい先生の勉強会■(コチラ

■3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会■(コチラ

お申込みはコチラからとなっています。
勉強会についてもどうぞよろしくお願いします。


いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
音楽ブログランキングです。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村




posted by aorui at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | うたとピアノのえほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

バスティンピアノパーティーCの前に「うたとピアノの絵本みぎ・ひだり」を弾いて楽しく5線の音符を読めるようにしよう」

五線の楽譜読むことって生徒にとって難しいんだな。
っていつも感じています。

五線の楽譜をスムーズに読めるようにするために、フラッシュカードやプリント・カードなどやっていますが一筋縄ではいかないな。って思います。

例えば・・・
フラッシュカードは1つの音符が書いてあるカードを次々と読んでいくので、音符を点としてとらえて読んでいますよね。
楽譜って音が線でつながっているので、1つの音が読めたらその音を手掛かりに、次の音を読んでいかなければならない。

例えば、順次進行で音が上がっていたとして、ソの音が読めたら、次の音はラ、その次の音はシ、のように。
生徒たちはソの次がラってこと分かっているのかなって言うと初めから分かっていないようです。
ドレミファソラシドは早口で言えるけど、ミから次のミまで、シから次のシまでスラスラ音名が言えるのかというとなかなか難しいようです。

更にソの上の音は?・下の音は?になるとやっぱり難しい。


いつの間にか出来るのを待つのもいいけど、
これらのことを少しでも出来るようにするために、プレリ−ディングの本のときから、プリントやカードをやって少しずつ慣れていくようにしています。


でもいざ五線に入るとやっぱり難しい。

先日、バスティンピアノパーティーBの各ポジションをスラスラ弾ける生徒に、次の本はこれだよ。と「うたとピアノの絵本・みぎて」を見せたら「難しそ−」と言われてしまいました。
私とその生徒のおかあさんはびっくりです。「私たちには簡単に見えるけど、子供には難しそうに見えるんだ」って。

この事実、真剣に受け止めなければいけないな。と感じました。


さて、バスティンピアノパーティーシリーズでの初めての五線の本。
ピアノパーティーC。
私の生徒にとって、ちょっと進みが速すぎるかな。と思ってその前に「うたとピアノの絵本 みぎて・ひだりて」を2冊同時に進めています。

どの生徒にも共通するのが、「うたとピアノ みぎて」は割と早く読めるようになるということ。
そして、「うたとピアノ ひだりて」はやっぱりどの生徒も苦手ですねー。

生徒の五線の音符を読むことに、じっくりつきあっていくと四苦八苦ぶりが分かります。

「うたとピアノの絵本 みぎて・ひだりて」のいい所は、すべての曲が、まんなかCポジションの範囲なんです。
私のレッスンでは、フラッシュカードを使って五線の音符を読む練習をしているのですが、
midle cpozisixyonn.JPG

生徒がスラスラ読めるようになったら、新しいカードを増やしていくやり方なんです。
スラスラというのは考えないで、そのカードを見たら条件反射で名前が言える感じです。

どの生徒もスラスラ読めるようにするには結構時間がかかります。
初めのうちよく混乱しているのが、真ん中のドを中心に上に上がるのがドレミ。下に下がるのがドシラ。これが分からなくなる。例えば、ミをラとか、シをレとか言ってしまいます。みんな共通して間違えますね。
その辺、無理矢理教え込むのではなく、フラッシュカードのやる回数を重ねて、自分で理解するまでまつ。

それを待ながら、ゆっくり進められるのが「うたとピアノの絵本 みぎて・ひだりて」なんです。
結局フラッシュカードが早く読めないのに、曲ばかり難しいのに進んでも、五線が読めるはずがない。

「うたとピアノの絵本 みぎて・ひだりて」をやるようになって、私にあせりがなくなりました。

初めは、ちょっとパーティーCに進むのが早いかなって生徒に使っていたんです。
それが上手くいって。じゃあ、あの生徒にも・・・。って。

フラッシュカードがゆっくり増やせるだけじゃなくって、生徒がなんだか次の曲に進むのが楽しそうなんです。
日本語の歌詞がおもしろく、ついついマルになっても歌ってしまう。そして、次の曲はどんなうた?って。
メロディーも前後の曲がちょっと似てたりして、それを発見させて弾き易くしてあげる。

生徒と「うたとピアノの絵本 みぎて・ひだりて」に向き合ってみたら、
そういう発見がいっぱい出来て、じゃあ、みんな「うたとピアノの絵本 みぎて・ひだりて」をやってから
パーティーCに入ろうかってことになりました。

この本選び、生徒のお母さん方に気に入ってもらっています。
うちの生徒たちはバスティンピアノパーティーBを各ポジションびっくりする位弾きこなしています。
もちろん、お母さん方もそれを聴いていて知っています。だからこそ、五線でつまずいたり、つまらなくなるのは可哀想。
「じっくり五線やっていきたいのですが。」「それでお願いします。」って感じです。

パーティーBの各ポジションをスラスラ弾きこなすやり方も後々紹介しますね。

次回は前半で書いたプレリ−ディングの本のときから、五線の音が読み易くなればいいな。と思ってやっているプリントやカードを紹介します。 
posted by aorui at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | うたとピアノのえほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

バスティンピアノパーティーCをやりながら楽しく「うたとピアノの絵本・りょうて/連弾」を弾いてます。

呉あきさんの「うたとピアノの絵本・りょうて」の
楽しい使い方を紹介します。

私のレッスンでは五線の導入で「うたとピアノの絵本・みぎ/ひだり」を使ってからバスティンピアノパーティーCに入っているのですが、その後、ピアノパーティーCをやりながら「うたとピアノの絵本・りょうて」を使っています。

生徒みんなに持たせるのではなくて、教室に1冊置いておいて、時間が余ったときや気分転換に使っています。

やっぱり生徒にとって五線を読むのは難しいんですよね。
スラスラ読める生徒なんてほんのわずか・・・。

私のレッスンはその日初めて弾く曲・宿題にする曲は、レッスンで80%位弾けるようにしてから
家でも練習してきてね。ってしているんです。

だから、1人1人の五線の読み方・読むペースが良く分かる。
気の毒になる位四苦八苦の生徒もいます。

本が進むにつれて読むのが速くなったり、コツをつかんで速くなったりする生徒もいますが、本が進んでも四苦八苦の生徒もいます。

どんな生徒でもレッスンが楽しくなるように・・・
バスティンピアノパーティーCをやりながら「うたとピアノの絵本・りょうて」も使っています。

教室に1冊置いておき、「まだ、時間があるから連弾やっておこう!」なんて言ってその場で初見で弾いています。

初見って言っても、前回書いた通り、
1曲目は「りんご・みかん・・・」「どれみ・どしら・・・」です。
簡単に弾いてくれます。

五線が読める生徒はもちろん四苦八苦の生徒だって、上手く弾けます。
おおきな五線とかわいいイラストと日本語のかし、
すべてが生徒に弾きやすさを与えてくれていると思います。

弾けるようになったらやっぱり連弾です。
「何回弾く?」と好きなだけ弾かせたり、
生徒と考えてアレンジしてみたり・・・。

連弾って侮れないって思います。
1人では出来なかった強弱や曲想など、先生の連弾に合わせて出来てしまう事が多いです。
先生が一緒に大きくしたり小さくしたり、リタルダンドしたりアチェルランドしたりしてくれるから生徒もそれに合わせてやれちゃうって感じです。そうやって経験を積んでいくのもいいかなって思います。

なにより、強弱や曲想を付けて連弾出来た時の生徒の楽しそうな満足そうな顔がとってもいいんです。
「上手く弾けたねー。」「う〜ん(満足)。」「もう一回弾いちゃう?」「うん!」なんてことよくあります。

連弾に話がそれてしまいましたが、
四苦八苦の生徒、例えば難しい曲をやっている時、
私は最初から今日は最後にうたとピアノの連弾やろうと決めておいて、じゃあ難しい曲はダラダラ弾かせないで、部分練習やリズム練習をしっかりさっさとやってしまってあとは楽しい連弾!
と普段より効率的にレッスンが出来るときもあります。

また五線が割と読める生徒だって、本が進むということは、少しずつ難しい曲を弾いているわけだから、いつもがんばっているってことですよね。
そんな時「うたとピアノ・りょうて」を弾いてスラスラ弾ける自分を発見して先生と楽しく連弾する。
「今までがんばってきたからスラスラ弾けるんだよー。」
なんて更に褒めたりして。楽しいレッスンにしていく。なんてこともしています。

真ん中Cポジション・Cポジションの曲を弾いている時に、取り入れるのが一番やり易いけど、生徒に余裕があればGやFポジションの時にやってみるのもいいですよ。

同時にいくつかのポジションの曲が弾ける。
やらせようと思ってもなかなか出来ないけど、
「うたとピアノの絵本」なら出来ると思いませんか。
いずれポジョン以外の曲を弾く時にこういう経験が力になってくると思います。

私がレッスンで取り入れているのは前回でも書いた最初の6曲です。
ピアノパーティーAのあとに自分で作ったプレリーディングの楽譜を弾いていると前回書きましたが、同じ曲でも五線になると
「前にやった曲でしょ。」っていいたくなるくらい、五線を読む事に集中しています。弾けてから「あれ?これ前に弾いた気がする」って。先生の連弾を聴いて「ほら、やっぱり」なんて具合です。

ピアノパーティーCをやりながら、何か新しい事・楽しい事をやりたい先生、是非試してみて下さい。
きっと新しい発見があると思います。

次回はパーティーCの前に使う「うたとピアノの絵本みぎ・ひだり」について書きたいと思います。
posted by aorui at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | うたとピアノのえほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

バスティンシリーズを使いながら「うたとピアノの絵本」を使って楽しいレッスン!

私のレッスンでは初めての生徒にはバスティンピアノパーティーAを使っています。
本にも対象年齢3歳からって書いてある通り、小さい生徒でも使い易いかなって思います。

余談ですが、でもさすがに3歳0ヶ月はちょっと無理があるような・・・。
うちの子供は3歳8ヶ月の男の子ですが、はっきりいってパーティーAを理解する能力はないですね。
私のレッスンは頭で理解させていくレッスンを心掛けているのですが、子育てしてみて、3歳ってそういう発達段階ではない気がします。

さらに余談ですが、私はお手本で、生徒より先に絶対弾かないようにしているんです。
先生がお手本で弾いて、生徒が弾く。耳がいいって考えるより、私はどうしてもまねっこが上手いだけって思ってしまうんですよね。

先生が先に弾かなくても生徒は弾けるようになりますよ。そういう方法も紹介していけたらって思います。

さて、4・5歳から始めるパーティーA、割とスムーズに出来てしまい、楽しく弾きこなしているうちに終わってしまいます。
パーティーBが難しいのは分かっているし、まだ年齢も小さいからそんなに急がなくってもいいかな。って思う生徒は、音楽之友社から出ている呉あきさんの「うたとピアノの絵本・りょうて」の本をプレリーディングの楽譜のように指番号を書き込んで弾く事にしています。


初めは、生徒が指番号を見て弾いて、最後に歌をうたって弾いて終わり。とそんな感じでした。

ところが親しくしている先生から「こんな本がありましたよ。」って「うたとピアノの絵本・りょうて連弾」って本を教えてもらって・・・。

それからすごくレッスンが活気づいてきました。先生パートの部分結構難しいんだけど、生徒はこういうの大好きなんですよ。
この連弾をしなければ絶対分からなかったことですね。
「何回弾いとく?」「10回!」
なんてみんな平気でいいます。生徒たちは「りんご・みかん・・・」と楽しそうにやっていて、いったい誰の練習だか分かりません。

1曲目、「りんご・みかん・すいか・ばなな」なんです。
「先生、かんたんー。弾けちゃうよ。」
なので、指番号とうただけでなくドレミも付けることにしました。

実は、ドレミで弾きながら歌えるようにしようね。はパーティーBなんです。
パーティーAは鍵盤の名前を覚えようね。です。(この鍵盤はド。この鍵盤はソ。みたいな)

パーティーBの1曲目はちょっと長めで、尻ごみしちゃう感じ。でも「りんご・みかん・・・」
「どれみ・どしら・・・」みんな簡単に出来ちゃう。

パーティーBってドレミで弾きながら歌えるようにしようね。で、Gポジションになると指番号はなくなってドレミ(音名)を見て弾いてねってことになるんです。

はっきりいってそんな器用なこと生徒には出来ない。でもここで指番号を書いてしまうと、いつまでたっても音名に移行出来ない。(Gポジションを弾きこなすにはドレミで歌い慣れておく事と、あと少し工夫が必要。これはまたあとで書きます。)

「うたとピアノの絵本」でドレミを弾きながら歌っておくと、パーティーBの真ん中Cポジション・Cポジションの曲が
すごくやり易い。だからパーティーBの前に全員やることにしたんです。

だって「うたとピアノの絵本」の楽しさを私が知ってしまったし、生徒たちが日本語のかしと「うたとピアノの絵本」の連弾が大好きってことが分かってしまったので、もうはずせないですね。

ちなみにプレリーディングで弾いているのは初めの6曲です。

「うたとピアノの絵本 りょうて連弾 プレリ−ディング」市販されてたらいいなって思います。

レッスンで試してみたい先生、
五線の「うたとピアノの絵本・りょうて」に指番号とドレミを書き足して、ポジション名:真ん中Cポジションとして弾いてみて下さい。きっと楽しいはず。

「指番号が書いてあるから、ポジションのところに手を置いたら、鍵盤見ないで弾いてみよう!」
それが出来たら
「今度はドレミ言いながら弾こうね。」って感じはどうですか。そして・・・連弾です。
ここでもっと弾き易くするためには、右手で弾く所は赤で。左手で弾く所は青で。色鉛筆で囲んでしまうことですね。
もちろん生徒にやらせます。こういう作業が頭で理解ってことです。

五線の「うたとピアノの絵本・りょうて連弾」は別の方法でも使っています。
次回はその方法について書きたいと思います。

posted by aorui at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | うたとピアノのえほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。