2008年10月14日

次のページの難しい曲の前にやさしい曲を挿入して難しい曲を弾きやすくしよう!そ

みなさん、加賀みえさんのピアノパレードを知っていますか。

その中の ピアノパレード2 はCポジションで弾ける曲がたくさん入っていま
す。

私のレッスンではバスティンピアノパーティーCのCポジションのドミソの和音
とファソの和音の曲を弾いた後に挿入したり、又は高いCポジションの後に挿入
したり、以前はバスティンピアノレベル1のCポジションの曲の後に挿入したり
していました。(今はみんなパーティーCの時)


私も生徒も加賀みえさんの曲をすごく気に入っています。
どの生徒も自分のお気に入りの曲になるようです。

どの曲もメロディーに付いている歌詞がとってもいいんです。
♪かさ・♪あじさいのにわ・♪むっくりくまさん・♪きりんさんにくびったけ・
♪ブランコワルツ(Cポジション)などは歌詞の内容がとっても優しい感じで、
弾きながら心が和んでしまいます。

歌詞が優しく情景もイメージしやすいので「やさしく弾いてみようよ。」と
優しく弾く事にもチャレンジ出来ます。

そして、♪くいしんぼしりとり♪これは文句なしに、どの生徒も好きです。
歌詞がしりとりになっているので、最後まで弾くとかなり長いですが、出来そう
な生徒には「歌いながら弾こう!」とがんばって弾かせます。

♪アルザスの踊りには歌詞がありません。なので「さあ、おどりましょ。うたい
ながら・・・」と歌詞を作ってあてはめて弾いています。
この時期の生徒は歌詞があったほうがイメージしやすくやり易いのです。



加賀みえさんの曲を弾いた時、Cポジションでこんなにも素敵な曲があるんだー
とすごく良いものを発見した気分でした。

歌詞が、今まで生徒が弾いてきた曲とは違うんです。
日本人が作った日本語の歌詞の良さでしょうか。
こういう曲を生徒に弾かせることが出来てよかったな。って思います。



ピアノパレード2ってメロディーはCポジションなので、少し練習すれば弾ける
ようになります。
実は左手は和音ではなくてメロディーなんです。

2つのメロディーを目で追って弾いていかなければいけない。
はっきりいってこの時期の生徒には難しすぎる。

いっぱい練習すれば、いずれは出来るようになるだろうけど、この時期にそこま
で1つの曲に時間をかけて、弾けるようにする必要はないと私は思うんです。

なので、左手は和音(ドミソ・ファソ)にして弾いています。




左手を和音にしないで、楽譜通りに弾ける時期に、ピアノパレードを弾けばいい
と思いますが、そうすると何冊も後になってしまいます。

無理なく(初見でだいたい弾ける)レッスンで使うことが出来るのは、いつ頃で
しょうか。

ピアノの教則本は、バスティンピアノレベル1まで和音を基本形の塊で伸ばして
弾いています。


最近の私のレッスンではレベル1の修了後、全音から出版されている
「タレント指導曲集1」という教則本を使っています。
右はポジションで弾けて、左は和音が分散している(ド・ミ・ソ・ド・ミ・ソや
ドソミソドソミソやド・ミソ・ミソなど)曲集です。
タレント指導曲集については、また後で詳しく書きますね。
左手の分散する弾き方は、生徒にとっても興味があって今までにすごくやりたか
った事なのだけど、結構難しいようなのです。楽しいのだけど難しい。

その曲集をやりながら
はじめてのギロック(全音)の「さあ、ワルツを踊ろう」
それが出来たら
マーサ・ミーアのひとりでピアノみんなでピアノ(全音)の「ゆらゆらゆれて」
両方とも左手が簡単なメロディーです。試しに挑戦してみます。

生徒が好奇心をもって楽しくやっていて、曲が2・3回のレッスンで仕上がりそ
うなら、いよいよピアノパレード2も楽譜通りに左手メロディーで弾いてみよう
か。といった感じです。


私の生徒たちがピアノパレード2を無理なく弾きこなすのはこの時期なのです。


結構、大きくなっちゃってからなんですよね。
この生徒たち、このレベルになるまでに、左手が基本形の和音の塊だけど、メロ
ディーがカッコイイ曲を弾いてきてしまっているのです。

例えば
キャサリン・ロリン ビー二ー動物園(全音)「空とぶカンガルー」
はじめてのギロック 「女王様のメヌエット」
マーサ・ミーアのひとりでピアノみんなでピアノ(全音)「こびとのマーチ」
(左手が基本形より少し難しい)
などです。

メロディーがカッコイイ!
歌詞がついていなくてもメロディーだけでカッコイイ曲なのです。

それを弾きこなしている生徒にとって、メロディーでいうと、ピアノパレードは
少々物足りない。

それを考えると、やっぱり弾かせたい時期はパーティーCの時期なんです。
年齢的にもだいたい小学校2・3年生。
加賀みえさんの素敵な優しい歌詞を歌いながらたくさん弾かせたい。
でもこの時期は左手のメロディーまでは無理。だから和音で弾いているのです。

そして大きくなって左もメロディーで弾けるようになったら、以前弾いた曲でも左手メロディ
ーで弾いてみる。といった感じです。

加賀みえさんの曲って本当に私のお気に入りなのです。
Cポジションだけでなく、Fポジションで弾ける曲集・Gポジションで弾ける曲
集とかあったらいいのにな。って思います。

そうすれば、Fポジ・Gポジの曲を生徒がもっと弾きこなせるようになるんじゃ
ないかな。って思うのです。

次回は 
生徒が少しがんばれば出来そうな曲を見つける。
生徒が積極的に難しい曲に挑戦してレパートリーを広げるきっかけを作る。
タレントピアノ指導曲集
についてかきます。