2010年11月12日

手間をかけて進めるレッスンが好き

以前にバスティンの「幼児のためのベーシックスA」を先生たちと教材研究をする機会がありました。

「幼児のためのベーシックスAは」は前半はプレリーディング、後半は五線で構
成されている教則本です。

プレリーディングは真ん中Cポジションの曲が弾けるように少しずつステップア
ップ。
最初から真ん中Cポジションの音ファソラシドドレミファソが出てくるのではな
くて、まずはラシドドレミの範囲から。更にその導入としてラシドの鍵盤を左手
で弾く曲とドレミの鍵盤を右手で弾く曲があります。

こんな風に紹介すると丁寧に段階を踏んで曲が進んでいくのが分ります。

でも私にとってこの手際の良さがなんだか居心地が悪い。
確かに真ん中Cポジションではラシドは左手でしか弾かないけど、だからって右
手でラシドを弾くってことはしなくていいのかな。ドレミも同様。
ラシドの曲が宿題の時は右手はお休み?なんだかしっくりきません。

私のレッスンでは「幼児のためのベーシックスA」を使っていませんが、しばら
く心の中ではしっくりしないなって思いが残っていました。

そんな時レッスンで「そうなんだ!」ってすごく嬉しくなる発見があったのです
私がレッスンで使っているのは同じくバスティンのピアノパーティーA。
パーティーAもプレリーディングの真ん中Cポジションの曲を弾けるようにする
教則本です。なので上記のようにラシドを左手で弾く曲とドレミを右手で弾く曲
があります。
パーティーAを使っていらっしゃる先生は分っていらっしゃると思いますが、そ
の前にプレリーディングではなくて鍵盤図を見て弾く曲があるんです。
この曲がラシドを左手でも右手でも弾く曲なんです。もちろんドレミを右手・左
手で弾く曲もあります。
なんでそんな事を今さら気付いたのかというと、私がこの鍵盤図の曲があまり好
きではなかったからです。
「結局は真ん中Cポジションに入るのだから鍵盤図は省いて♪らしどのうた(左
手だけでラシドを弾く曲)に入ってしまってもいいんじゃないかな。」なんて思
っいたのです。

でも実際にそのような教則本(幼児のためのA)を見ると「こんなに手際が良い
進みでいいの?」って思ってしまう。
そこでようやくその鍵盤図の良さに気付いたのです。
鍵盤図の曲をあえて弾く意味が。

私の鍵盤図に対するイメージも目的も変わってきました。
ラシドの鍵盤を右手でも左手でも弾くための曲なんだって。

こんな風に手間をかける進み方って私に合っているなって改めて思いました。

実際に左手だけでラシドの曲を右手だけでドレミの曲を弾いてどんどん進んでし
まってもいい生徒もいます。
でも導入期は音名カードを読めるようにしたり鍵盤の名前を覚えたりリズムを叩
けるようにと弾く事以外の大切な事もいっぱいです。
それらを導入期の生徒が楽しみながら学べるように教則本の進みもゆっくりがい
いなって思うのです。少し遠回りをする位がちょうどいいって思うのです。

導入期の教材研究の問い合わせをしてくださったH先生、こんな風に教材研究を
しています。参考になさってください。



いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
音楽ブログランキングです。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村




posted by aorui at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 教材研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

対象年齢で教則本を選ぶこと

教則本を選ぶ時に何を目安に選びますか。
きっと対象年齢もその目安に入っているはず。

3歳からって書いてあるけど実際3歳に使ってみると「この本難しすぎる!」っ
て思う事結構あります。

3歳っていっても実際は色々。
3歳1ヶ月って言えばまだ2歳のようなものだし、3歳11ヶ月ならもうまるで
4歳のような感じ。

お姉ちゃんやお兄ちゃんがいて文字を知っている子もいれば、数字が読めない子
もいる。

例えば3歳11ヶ月の子が幼稚園で文字を習ってスラスラ読めたとしても、手が
ちいちゃくて弱々しいって事も。
逆に文字がまったく読めないのだけど、1年生みたいにゆびがしっかりしている
子もいる。色々な3歳と出会ってみて本当に色々いるので面白いなって思います


最近、年少さんのような年長さんと小学2年生のような年長さんが続けてのレッ
スンだったのですが、お互いのママがそれぞれの子供を見てびっくりしていまし
た。「えー!年長さんなんですか?」って(笑)


対象年齢3歳を見て「この教則本なら3歳でも大丈夫なのね。」ってそう簡単に
はいかないのですね。


ではどうしましょうか。


どんな生徒なのか・・・それを観察出来るのが体験レッスンです。
私はレッスンの初めに体験レッスンをすることにしています。

指番号の手遊びで指をスムーズに出す事が出来るのかな。
 年少さんなら手遊びからでも大丈夫です。
 例えばひげじいさんとか。私のレッスンはここから発展です。
色の区別は出来るかな。

CIMG6075.JPG
2つと3つの黒い鍵盤を塊でとらえる事が出来るのかな。

イラストカード全体.JPG
カードに書いてあるイラストを言いながら叩くことは出来るのかな。

勉強会−読譜の前の練習絵本-1.JPG
イラストを目で追って決まった場所を叩く事は出来るのかな。
(サル:手をたたく バナナ:ひざをたたく)


様子を伺いながら慎重にやる子もいれば、楽しくって仕方がない子も。
楽しくって仕方がない子は余裕があるからなのですよね。
なら次回は発展して・・・とあれこれ考えます。
様子を伺いながらの子は私の方ももう少し様子を見て・・・次回も同じ事をもう
一度やってみる。次は緊張がほどけて楽しそうにやっていれば良し。次もなんと
なく進みが悪ければ、もう少しやさしい段階からのレッスンにします。

同じ4歳でもこのように様子が違えば、進みも違ってきます。
一人は教則本が使えそうだけど、もう一人は教則本は使わないで進めるとかです
どうして教則本を使わないのかというと、私が最初に使っている教則本は3つの
黒い鍵盤をグ−で弾く曲から。
それよりもやさしい段階の教則本を知らないからです。
なので手作り楽譜です。(詳しくはコチラ)

同じ3歳と書かなかったのは私は3歳の生徒は教則本を使っていないのです。
4歳でも使えるか使えないかの判断は難しい。
安易に使って、進むしかないから難しくてもやらせるなんて絶対にしたくないの
です。


この体験レッスンは3歳から小学生まで内容は同じ。
3歳から小学生までどの生徒も楽しそうなのでこの体験レッスンに自信がつきま
した。

まずは生徒が何が出来るかを知る事。じっくり観察です。
何が出来るかが分ればスタートが決まります。
そうすれば教則本も決まってくるでしょう。

ここで邪魔になってくるのが、そう、対象年齢!
私が最初に使うバスティンピアノパーティーAは4歳の生徒も使っていれば2年
生の生徒も使っています。2年生の生徒だって新しい事を学ぶときはやっぱり少
し難しいのです。少し難しいから頑張っちゃう!って感じ。(すごく難しいのは
頑張れないのです。)
対象年齢3歳なんて書いてなければなって思います。
「先生、3歳の子が使う本なの?」なんて言われて悲しくなってしまいます。



この方法をレッスンで取り入れてみたい先生、
今実際に初めての生徒に使っている教則本の内容を確かめてみるのがいいと思い
ます。これにつなげる体験レッスンの内容ですね。


とよす音楽教室で勉強会をすることとなりました。

内容は

■毎日楽しい・毎週楽しいピアノレッスンを体験!■(コチラ

■これからピアノを教えようと思っている学生さん、
               教えて間もない先生の勉強会■(コチラ

■レッスンがマンネリ化、新しいことを取り入れて、
            楽しくレッスンしたい先生の勉強会■(コチラ

■3・4歳の生徒たちのレッスンを充実させたい方の勉強会■(コチラ

お申込みはコチラからとなっています。
勉強会についてもどうぞよろしくお願いします。


いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
音楽ブログランキングです。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村





posted by aorui at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 教材研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

次の教則本を考える

オルガンピアノ1がもうすぐ終わる2年生の女の子。
次は教則本を選ぶのにお薦めな教則本はありますか。
こんな相談を受けました。

オルガンピアノ1が終わったので次はオルガンピアノ2と決めている訳ではない
ようです。オルガンピアノ1教材研究をやってみる(コチラ
バスティンピアノベーシックスレベル1やバーナムの導入書も気になっている様
子。


どんな教則本がいいのかな。
私の使っている教則本で考えてみました。

私の薦めは
ピアノパーティーC
パフォーマンスパーティーC
ピティナ・ピアノステップ曲集
ピアノパレード2

私が一番大切に考えたのがその生徒さんが譜読みが苦手ということ。それから2
年生の女の子ってこと。

ピアノパーティーC・パフォーマンスパーティーCを教則本としてポジション別
進めながら、同じポジションの曲を取り入れていく方法です。
まんなかCポジションの曲から始めて、次はCポジション。
Cポジションが弾けるようになれば
ピティナ・ピアノステップの
♪さよなら
♪かっこう
♪喜びのうた
♪ちょうちょう が弾けます。
ピアノパレードの
♪かさ
♪あじさいのにわ
♪くいしんぼしりとり が弾けます。
パーティーCは左手はドミソとファソなので、左手はそのまま弾くのではなくて
ドミソ・ファソの和音で弾くのがお薦めです。

余談ですが、私のレッスンではバスティンピアノベーシックスレベル1の時にも
う一度ピアノパレード2を弾いています。その時は左手は楽譜通りです。
こんな風に手間をかけると生徒もとっても弾きやすいのです。


子供たちは知っている曲や可愛らしい歌詞が付いている曲が大好き。
ある程度弾ける生徒でも♪ちょうちょうや♪かっこうなど知っている曲は喜んで
弾きます。
先生にとっては「今さら弾かなくても・・・」って思いがちな曲ですが、弾かせ
てみると楽しそう。簡単すぎるから弾かなくてもいい。って考えはないようです

また♪かさ♪くいしんぼしりとりは歌詞が可愛らしいのです。
子供たちはこういうのが大好き。
4年生位までは「先生、この曲いいよね。」と素直に言ってくれます。
私は子供達がそんな風に言ってくれる曲をたくさん選んで弾かせてあげたいな。
って思います。
子供達が歌詞を歌いながら「この曲いいよね。」って言てくれるのは日本人が
作った日本語の歌詞の曲なのです。
やさしい歌詞だったり楽しい歌詞だったり・・・子供たちの心をちゃんと捉えて
くれます。

今回の2年生の女の子
こんな風に「先生、この曲いいよね。」って声に出せるような曲をたくさん弾い
てほしいなって思います。
先生のレッスンのやり方や曲選びの方法を変えるだけで小学校中学年の子供たち
はもっと生き生きしてくるんですよ。
「先生、もう一度弾こうよ。」「この曲はお気に入りだからレッスンの度に弾き
たい!」「私、結構この曲好きかも。」こんな風に自然に言葉が出てくるってい
いですよね。小学校中学年までの子供はこんな風に自分の感じたことを素直に言
ってくれるのです。

実は今回の教則本選び、ピティナ・ピアノステップ曲集とピアノパレード2が先
に浮かんできました。でもこれだけでは軸となるものがない。
そこでピアノパーティーCとパフォーマンスパーティーCを軸として・・・と思
ったのです。



Cポジションが終わったら高いCポジション。
Cポジションでたくさんドレミファソを弾いているので、1の指がド・2の指が
レ・になっています。
それは高いCポジションも変わりません。なので高いCポジションの譜読みに専
念出来ますよね。だから次は高いCポジション。
ピティナ・ピアノステップ曲集・ピアノパレード2にもちろん高いCポジション
あります。併用して下さいね。

そしたらGポジション・Fポジションと進めば次にバスティンピアノベーシック
スレベル1も見えてくるはず。

でも私としてはビー二−動物園もさせたいなー。
ビー二−動物園を使っている先生、そう思いますよね。
そうなるとバスティンピアノベーシックスレベル1の前にビー二−動物園かな。あ!その時にバーナムのミニブックかな。
うーん迷っちゃいますね。

その前に
ピアノパーティーC
パフォーマンスパーティーC
ピティナ・ピアノステップ曲集
ピアノパレード2
4冊同時に進めていくのも大変かな。
まずは楽譜ショップで各4冊を眺めてみるところからですね。

リラフレッチャーの次の教則本で悩まれていた先生よかったら参考にして下さい
ね。



いつも私のブログを読んで下さりありがとうございます。
音楽ブログランキングです。
最後まで勢いよく読んで下さった方、楽しく読んで下さった方、よかったらポチッ・ポチッっとお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



posted by aorui at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 教材研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。