2016年05月07日

子供の日のピザ

子供の日に作った手作りピザ。

IMG_1231.JPG

レシピにはパンピザと書いてあるように生地が厚め。
我が家は照り焼きチキンが好きなので照り焼きソースを作り鶏肉を蒸して薄切りにして漬け込みピザのトッピングに。生地にも照り焼きソースを塗りました。

IMG_1211.JPG

こちらは妹が作った鯉のぼり。
妹が1歳になる我が子のために作った鯉のぼりです。
大きいのは1メートルもあります。
素敵でしょ。

●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

小物いろいろ

小物のご注文がありました。

IMG_1217.JPG

これまでにも色々な小物をご注文下さった先生です。

すでに持っている小物もありますがレッスンを進めてみてもっと手元にあった方が指導がしやすいと再度ご注文下さいました。
手前の三角のカードは3・4歳の主に年少さんが使っている小物です。
中にシールを貼って使います。
シールはどんなシールでもいいんです。
それぞれの先生が自分の教室に習いに来はじめた年少さんのために年少さんがカードを見た時に喜んでくれそうなシールを選んで貼ってくれたらと思っています。
私のレッスンでも色違いにして何セットも用意しています。



●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りの小物 注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

シールの準備


発表会が終わり2名の新しい生徒が入りました。
5年生と年中さんになったばかりの生徒です。
5年生の生徒はお友達が4人私の教室に通っていて以前に教室にも遊びに来たことがありずっと習いたかったそう。

IMG_1184.JPG

写真のシールは年中さんの体験レッスンのために用意したもの。
私のレッスンは最初は向かい合って手遊びからですが、とても恥ずかしがり屋さんでママとくっついてシール貼りからのスタートとなりました。シールを貼る様子をみながらママとお話ししたり少し話しかけたりで年中さんの気持ちが少しずつほぐれてくるのを感じます。
抱っこで手遊び、ママと一緒の布鍵盤、最後はママは後ろで見守りながら私と一緒に練習絵本の「サル・バナナ」をすることが出来ました。最後はタッチでさようなら。
2回目のレッスンは最初から私と向き合って手遊びからのスタートです。
私と向き合うその目は少し気持ちがほぐれたのを感じる柔らかい眼差しです。
レッスンを重ねていくのが楽しみです。

●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 4歳・5歳のレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

タラの芽の天ぷら

家の庭にあるタラの芽から新芽が出てきたので天ぷらにしました。

IMG_1181.JPG IMG_1182.JPG

元々は主人の好物。
その味を私と息子に教えてからは3人の好物に。
「小学生ががタラの芽の美味しさを知るなんて生意気」と主人と二人で息子に言うのが毎年のこと。

レッスンのない日曜日、それでも野球の練習や試合で帰ってくるのは薄暗くなってから。
7時半ごろ家族で夕食を囲み今年の初物のタラの芽の天ぷらを食べるひととき。
みんなで「美味しいね。」とほおばることで、土曜日までの慌ただしい夕食が帳消しになっていると勝手に思っています。

この後もう一度天ぷらにして今年のタラの芽は終わり。
次はたけのこですね。



●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

発表会のお土産

発表会で記念品の代わりに毎年生徒に渡しているのが手作りのパウンドケーキ。
記念品というより「良く頑張りました。家に帰ってゆっくり食べてね。」こんな気持ちで渡しているお土産です。
今年は35名の参加×2(お母さん達の分)でパウンドケーキを20本焼きました。

IMG_1171.JPG IMG_1174.JPG
IMG_1175.JPG IMG_1180.JPG 


子供たちはチョコチップのパウンドケーキとオレンジピールのパウンドケーキ。
洋酒なしのシロップをたっぷり塗りました。
お母さん達は毎年同じでチョコチップとオレンジピールのパウンドケーキでこちらはコアントローが入ったシロップをたっぷりと。
どちらも簡単にラッピングしてメッセージを添えて。

レッスンが再開して「先生、美味しかったよ。」の言葉がとっても嬉しく感じます。

家族がお気に入りのチョコチップとオレンジピールのパウンドケーキは少し多めに焼いて家族や手伝いに来てくれた妹たちとも美味しく食べました。




●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

27年度 発表会が無事終わりました。

四月の初めに私の教室の発表会がありました。

IMG_1183.JPG

無事に終わってホッとしているところです。
今回発表会に出たのは年少さんから中学3年生までの34名の生徒。
最近の発表会の中でも一番多い人数です。
私は1年を通して発表会のためにレッスンをしている訳ではないので、発表会の曲を練習始めるのは早い生徒で12月、ほとんどの生徒が年が明けてから1月の半ばから練習を始めています。小学校2年生以下の小さい生徒たちは発表会2週間前に合格した曲といった感じです。
そういったこともあり34名全員の曲を完成させるのは本当に大変でした。
それでも来年はもっと早い時期から練習させようという気持ちにはなりません。
やはり日々の普通のレッスンを重ねることが何よりも生徒を成長させると思うからです。

本番で上手に弾けるようにしっかりと曲を完成させる。
特に力を注いだのは高学年以上の生徒たちです。
「本番で曲想を付けて上手に弾けた。」この経験が彼女たちの成長につながると思うからです。
またそういう経験が出来る場面はそう何度もありません。
本番で上手に弾けるように曲を完成させる努力、本番で上手に弾く精神力を考えれば、そういった場面は年に何度も必要ないと考えています。ピアノでは年に1度の場面でも子供たちにとって学校や他の習い事で本番を迎える努力や精神的緊張を経験する場面はありますから、そう思うとピアノでは年に一度の発表会で十分と思うのです。
そして特に高学年以上の生徒には、ピアノの発表会で自分の番が来るワクワク感や上手に弾けた喜びを感じてほしいと思うのです。


それにしてもどの生徒も感心するくらい本番には強いようで、私の指導の努力よりも本番に発揮できる子供の力が勝ったかのように、どの生徒も上手に弾けてお母さん達も「みんな本番に合わせてくるんだね。」と感心するばかりでした。

新学期に入りまたいつものレッスンが始まりました。
穏やかなスタートです。
発表会の曲が終わればまたいつもの教則本へスッと入っていけるのもいいところ。

さあ次の発表会へ向けてではなく、じっくりと力をつけ蓄えそして楽しいレッスンの気持ちで生徒たちと関わっていこうと思います。



●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会参加者募集

豊洲音楽教室の教室をお借りして「導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会」を行っています。

現在金曜日希望で申し込まれている方が1名います。
申し込み4名様以上で開催決定となります。

導入期の指導法について悩んでいる先生、もっと詳しく知りたい先生のお申込みをお待ちしています。
詳細はコチラです。

導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会は1回完結講座です。
それで終わりの先生もいれば「もっと色々なことを知りたい」とその他の勉強会を希望してくださる先生もいます。1回だけの参加で指導の新しい扉が開け自分で進んでいける先生、複数の勉強会に参加して他の先生方と新しい発見や悩み疑問を共有して次第に自分の指導法が見えてくる先生。
いづれにしても私の指導を押し付けることなく、決してコピーで終わることなく、先生方それぞれのそれぞれらしい指導法を考えるきっかけになれればと思っています。

お申し込みをお待ちしています。


●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

フエルト完成

先週末に完成したフエルト小物です。

IMG_1159.JPG IMG_1158.JPG

IMG_1164.JPG IMG_1160.JPG

すべておひとりの先生からのご注文です。

カードやプリント類もご注文下さった先生で、導入期の小物が揃ってレッスンに臨む気持ちが不安から安心に変わっていく様子が私にも分かります。
レッスンで早速使って下さったそう。
生徒さんも喜んでくれたと報告を下さいました。

最近小さな布大譜表の購入を希望されている先生が何名かいて皆さんで購入したところです。
小さな布鍵盤は制作会社へ注文して作ってもらっているので、人数が集まるとその分安くなります。
1点で買うよりも2000円も安くなり皆さんも購入しやすくなって本当によかったです。
もうお手元に届いて2週間。レッスンで使われている頃でしょうか。

小さな布大譜表と小さな音名フエルトは私のレッスンでもかかせない小物です。

IMG_0130.JPG


●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

posted by aorui at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りの小物 注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

新色のタイムカード

レッスンで使っているタイムカードです。

IMG_1146.JPG

一番上の黄色が新色です。
生徒たちは新しいカードになるときに「次は何色にしようかな。」と楽しそうに選ぶので、きっと「新色作ったよ。」でみんなが黄色のカードを選ぶはず。
そう思って黄色のタイムカードは多めに作りました。

私のレッスンでは1冊目の教則本から2冊目の教則本が終わるまでに鍵盤の名前を覚えるようにしています。
ほとんどの生徒が1冊目が終わる頃には鍵盤のフラッシュカードをスラスラ言いながらフラッシュしていきますが、2冊目が終わるまでレッスンの度に鍵盤のフラッシュカードをフラッシュさせてストップウォッチでタイムを計りタイムカードに書き込んでいます。

最初から全部のカードではなく最初はラとドとシの鍵盤のカードから始めています。
『ラシド』『ドレミ』となって『ドレミ』『ファソラシ』と発展。
『ファソラシ』のタイムが上がってきたら生徒の様子を見ながら「全部のカードに挑戦してみよう。」の声かけです。
ほとんどの生徒が「やってみたい!」そうではなく「だいじょうぶかな・・・」での声かけです。
「試しにやってみようよ。」「うん。」
ゆっくりとカードをめくっていきます。
スラスラ鍵盤の名前を言っていく生徒たち。
生徒たちは自分がまだスラスラ言えないと思って「だいじょうぶかな」の気持ちが先に来ていたのだけど、私にはもう大丈夫と分かっていての「挑戦してみよう」の声かけです。
生徒たちは出来ないと思っていたことが出来て自信が出てきた顔つきです。
自分に自信を持つきっかけを作る。
そういう場面はたくさんある訳ではありません。
でもそういう場面を先生が知っていることは大切と思っています。

「来週はどうしようか。ド〜シのカード全部にしてみる?ドレミとファソラシで分ける?」
答えは様々です。その答えをにっこりと受け入れることにしています。
「まだドレミとファソラシでいい。」そういう生徒だって数週間すれば「ド〜シにする。」そう言いだすのは分かっているからです。



●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。

2016年03月02日

手作りのシール

郵送の勉強会の資料と一緒に送るシールです。

IMG_1141.JPG

「五線の仕組みを教える・五線の前に準備できること」と
「3・4歳のピアノを弾く以外のこと」それぞれに同封するシールです。
同じ音名の書いていない丸のシールですが、その使い方は全く異なります。

「五線の仕組み」で使うシールは2冊目の終わりに使い始めるもの。
だいたい2年生、3年生の生徒が使います。
「3・4歳」で使うシールは主に年少さんや習い始めたばかりのハンディのある生徒が使っています。

こちらの音名が書いてあるのは私がレッスンで使うもの。

IMG_1142.JPG

音名の書いていないシールや「そ」や「ら」のシールもありますが、「ら・し・ど」「ど・れ・み」と紙鍵盤にシールを貼る生徒がここのところ何人か続いて「ど」がなくなってしまったので「ど」ばかり作りました。
A4サイズのラベルシールいっぱいに「ど」ばかりのシールを作ったのです。

鍵盤の名前を覚え始めた生徒たち、紙鍵盤に音名シールを貼ったり布鍵盤に音名フエルトを置いたり、鍵盤のフラッシュカードをフラッシュしたりと鍵盤の名前を覚えるのがとっても楽しい作業になっています。


●豊洲での勉強会・郵送の勉強会・小物の注文のご案内。

教室での勉強会
コチラの教室で導入期の指導法を詳しく紹介する勉強会を行っています。
詳細はコチラです。
導入期の指導法をもっと知りたい先生、実践しながら学ばれたい先生のお申込みお待ちしています。

郵送の勉強会
導入期の教え方がしっかりと決まっていない・導入期の指導法に悩んでいる先生方と郵送の勉強会を行っています。資料を通してメールで導入期の指導法の紹介や先生方の悩みに丁寧に答えています。
勉強会では実際につまづいている生徒さんのつまづきから抜け出すための解説もしています。
1冊目からつまづいている生徒さん、導入期はよかったけれど2冊目3冊目の教則本からつまづき始めた生徒さん。どのように充実したレッスンにもっていけばいいのか。先生の悩みを聞きながら解説しています。

出来る生徒を更に上達させるというよりは、進みの遅い生徒やゆっくりな生徒さんのための勉強会です。

詳しくはコチラ。(参加された先生方の感想も参考にしてください。)

郵送の勉強会も小物の注文も
申し込みはaorui0707@yahoo.co.jp までお願いします。